ベースブレッド-賞味期限

ベースフード

ベースブレッドの賞味期限は約一か月?賞味期限切れでも平気?

「まとめ買いしておきたいけど、パンの賞味期限は短いからベースブレッドも短いのかな?」

「ちょっと賞味期限切らしちゃったけど、まだ食べられるかな?」

やはり食べ物となると切っても切れないもの。そう、「賞味期限」です!

「せっかく健康にいいのだから、まとめ買いして毎日食べたい!」と考える方も多いと思います。

結論から言うと、ベースブレッドの賞味期限は、製造日から約1か月

一般的なパンよりも賞味期限が長めなんです。

賞味期限

  • ベースブレッドは約1か月
  • 一般的なパンは約2,3日

しかし、「まとめ買いした結果、ちょっと賞味期限が過ぎてしまった。」といった方もいらっしゃると思います。

そこで今回はベースブレッドに関して、賞味期限が切れても大丈夫なのか、賞味期限を延ばす方法などについてご紹介します。

ぜひベースブレッドの賞味期限について知って、安心して美味しく食べてください!

ベースフードのおすすめポイント

ベースフード おすすめ

  • 26種ものビタミンがはいっているから栄養満点!
  • タンパク質・食物繊維も豊富でダイエットに最適!
  • 1袋当たり156円から購入可能!
  • 継続コースで20%オフ!
初回20%オフ!!

ベースフードの公式サイトはこちら!

ベースブレッドの賞味期限はどれくらい?

ベースブレッド-賞味期限-長さは?

冒頭でベースブレッドの賞味期限は約一か月と言いましたが、実は買う場所や種類、場合にもよるんです。

ここではベースブレッドの購入先での賞味期限の違いや、最も賞味期限が長い場所についてご紹介します。

種類によって賞味期限が違う

実は、ベースブレッドの種類によって賞味期限が異なってくるのです。

やはりどんな材料を使っているかによって、どうしても賞味期限の違いは出てきてしまうものです。

そこでベースブレッドで最も賞味期限が長いものを、ランキング形式でご紹介していきたいと思います!

カレー、メープル、シナモン

ベースブレッドカレー味の断面

カレー風味

メープル風味

シナモン風味

プレーン風味の食パン

ベースブレッドミニ食パン

プレーン風味の食パン

チョコレート

ベースブレッドチョコ

チョコレート風味

プレーン

ベースブレッド プレーン

プレーン風味

次に、実際の賞味期限の比較をしてみました!

種類が違うと、どれくらいの賞味期限の違いがあるのでしょうか?

種類 カレー メープル シナモン プレーン風味の食パン チョコレート プレーン
賞味期限 11月4日 11月4日 11月4日 11月3日 10月27日 10月25日
カレー-賞味期限 メープル-賞味期限 シナモン-賞味期限 食パン-賞味期限 チョコレート-賞味期限 プレーン-賞味期限

最も賞味期限の長いものが11月4日で、最も賞味期限の短いものが10月25日ということから、種類によって10日近くも賞味期限が違うことがわかりますね。

賞味期限が大きく変わる

最も賞味期限が長いものと短いものでは、約10日も違う!

定期購入で注文して同じ日に届いたものなので、多少の誤差はあると思いますが、大体はこのランキング通りになっていると思います。

コンビニで買う際は、実際に賞味期限を見て買うのがいいと思いますが、ネット注文の際はこちらのランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか?

また、それぞれベースブレッドの種類についてもっとよく知りたいといった方は、別の記事で詳しくご紹介しているので、そちらを参考にしてみてください。


公式サイトで購入した場合が最も賞味期限が長い【約1か月】

ベースブレッドは、公式サイトから購入した場合に賞味期限が最も長く約一か月です。

ベースブレッドの公式サイト Amazon 楽天
賞味期限 注文日から約1か月前後 お届け日から約2週間前後 お届け日から約2週間前後

そのためまとめ買いをしたいといった方は、こちらの公式サイトから注文するのが一番おすすめです!

初回20%オフ!!

ベースフードの公式サイトはこちら!

公式サイトでは最大で、40個までまとめて注文ができるので一日一個と考えても十分な数ですね。

また、公式サイトで注文した場合、どれくらいの値段になるのか気になるといった方は、別の記事で詳しく調査しているのでそちらを参考にしてみてください!

【注意!】Amazon・楽天は賞味期限が短い。約1,2週間!

Amazonや楽天で注文した場合、賞味期限が1,2週間程度しかないことに注意してください。

ベースブレッドの公式サイトよりも、普段から利用しているAmazonや楽天がいいといった方もいらっしゃると思います。

しかしAmazon・楽天を利用したい方は、賞味期限の点から、まとめて注文する場合はおすすめできません。

公式サイトなら、継続コースを利用することで毎回10%もお得になるので、公式サイトが圧倒的におすすめです。

比較

  • 公式サイトなら、継続コースで毎回10%OFFに加え、賞味期限が約1か月も!
  • Amazon・楽天ではポイントがたまるが、賞味期限は約1,2週間

また、Amazonや楽天で注文した場合、値段はどれくらいになるか気になる方は、下の記事で詳しく調査しているので参考にしてみてください!

ベースブレッドが一般的なパンよりも、賞味期限が長い理由

パン屋さんで買うパンは製造日から約2.3日ですが、ベースブレッドは約1ヶ月賞味期限があります。

しかしベースブレッドでは脱酵素剤を使うことで、合成保存料などの余計な添加物は使っておらず、とても安心して食べられるんです。

余分な添加物を使ってないベースブレッドは毎日食べても安全なので、安心して食べてください!

他にもベースブレッドについて評判や口コミを知りたいといった方は、こちらの記事でご紹介していますのでぜひ見てみてください。

ベースブレッドは賞味期限が切れても食べられるの?

ベースブレッド-賞味期限切れ-食べられる?

ベースブレッドをせっかく買っておいても、なかなか食べる機会がなく賞味期限を切らしてしまった…なんてこと、結構あるあるだと思います。

まず言えることは、賞味期限は味の保証をしている期限なので、賞味期限切れでも食べられなくはないです。

しかし絶対に大丈夫というわけではないので、もし食べる場合は自己責任でお願いします…

そして、もし賞味期限が切れたベースブレッドを食べる場合の注意点も含めて、ここからご紹介していきたいと思います。

賞味期限が切れても、食べられないわけではない!

先ほども述べましたが、賞味期限が切れていても多少過ぎたくらいならば、問題なく食べられることが多いんです。

その理由は、賞味期限と消費期限の違いにあります。

まずは、農林水産省で定義されている、賞味期限と消費期限の内容をご紹介します。

文章量が多く読むのが結構大変なので、この下に内容を簡単にまとめてみました。よろしければそちらをご覧ください。

賞味期限と消費期限の簡単なまとめ

賞味期限

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。 〔中略〕 この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。もし、賞味期限が過ぎた食品があったら、大人の方とそうだんしてから食べましょう。

消費期限

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のこと。お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなど、いたみやすい食品に表示されています。

出典: 農林水産省 https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/featured/abc2.html

簡単にまとめると、

賞味期限と消費期限の違い

  • 賞味期限は、美味しく食べられるための味を保証をする期限のこと
  • 消費期限は、食品を安全に食べられることを保証する期限のこと

つまり、賞味期限切れでも食べることはできるんです。

しかし、一度開封してしまったり、保存方法が間違っていたりした場合は、賞味期限が切れていなくても食べられない可能性もあります。

そのため、少しなら賞味期限が切れていても絶対に大丈夫というわけではないので、このあとに注意点をまとめておきます

すぐに知りたいという方は、こちらからご覧になってみてください。

(こんな時は食べてはだめ!|カビが生えていたり、悪臭がするなど)

実際に、賞味期限が切れていても食べてみた人の感想

これまでは、多少なら賞味期限が切れていても食べられるとご紹介しましたが、具体的にどれくらいの期間なら大丈夫なのでしょうか?

実際に、賞味期限が切れた後にベースブレッドを食べてみた方の感想を見てみましょう。

賞味期限が切れてから15日経って食べた人の感想

賞味期限が切れてから1か月経って食べた人の感想

賞味期限が切れてから3か月経って食べた人の感想

実際に自分もベースブレッドを買いだめしてしまい、賞味期限が切れてから、15日目までは私も気にせずに食べることがあります。

しかし、さすがに賞味期限が切れて3か月過ぎた後で食べるには、だいぶ勇気がいりそうですよね(笑)。

それでも問題なく食べられている方もいるので、やはり自己判断ということになりそうです。

注意ポイント

賞味期限が切れていても食べれている方が多くいるが、もし賞味期限切れを食べるときは必ず安全か確認をしよう!

保存方法が基本的には常温保存となっており、高温多湿の環境に置いておくと腐りやすくなってしまいます。

なるべく長い時間食べられる状態でベースブレッドを置いておきたい方は、冷凍保存がおすすめです。

この冷凍保存についても後ほどご紹介しているので、よろしければご覧になってみてください。

ベースブレッドの冷凍保存の仕方とは?冷蔵保存はダメ!)

食品ロスを減らすため、賞味期限が切れた食べ物を安く売る活動も

ここまでで、「賞味期限が切れてても本当に大丈夫なのか?」と、まだ心配の方もいらっしゃると思います。

そこで、少し安心できるような例をご紹介したいと思います。

実は、賞味期限が切れた商品を安く売っているお店もあることを知っていますか?

例えば、「エコイート」や「マルヤス」といったお店ですね!

他にも訳アリ商品を安く売っている、ネット通販やお店を見たことがあるのではないでしょうか?

これも、賞味期限切れを売っている場合があるんです。

安価で賞味期限切れを買えるお店

  • エコイート
  • マルヤス
  • 訳アリ商品のネット通販

このように賞味期限切れを売ることは、意外なことに法律上問題は無いんです!

また、賞味期限切れによる食品ロスを減らそうと活動をしている、
「NPO法人日本もったいない食品センター」という団体もあります。

(NPO法人日本もったいない食品センターの活動にもし興味があるといった方はぜひこちらのリンクからどうぞ!https://www.mottainai-shokuhin-center.org/category/report/ )

このように、賞味期限切れでも簡単には捨てないための活動が増えています。

そのため、意外と賞味期限が切れていても大丈夫かなと思えてきませんか?

こんな時は食べてはだめ!|カビが生えている・悪臭がするなど

先ほどはベースブレッドの賞味期限が切れていても意外と大丈夫だとお伝えしました。

しかし、以下のような場合にはベースブレッドを食べないでください

注意

  • カビが生えている
  • 悪臭がする【酸味のある匂い】
  • ねばねばしている

この三つの特徴のどれかに当てはまった場合、必ず食べるのをやめてください!

カビは目で見てわかるのですぐに捨てられるのですが、匂いや粘り気は意外と食べるまで気づかないことが多いんです。

実際に僕も消費期限の切れた食パンを、「まだ2、3日程度だし大丈夫か」と思い食べてしまったことがありました。

しかしほんのり甘かったはずの食パンに酸味を感じたんです…。

ちょっと湿り気のようなべたつきもあったので、なんでよく確認せずに食べたんだって話なんですけどね(笑)

こんな感じで、意外と実際に食べるまで気づかないものなんです。

そのため、必ず期限が切れているものは異常がないか確認して食べ、もし口に入れてしまったらすぐに吐き出してください!

ベースブレッドで賞味期限が切れそうになったら冷凍保存!

ベースブレッド-冷凍保存-おすすめ

少しでもベースブレッドをお得に購入しようとしてまとめ買いしておくと、賞味期限が切れそうになりますよね?

そんな時は冷凍保存がおすすめです!

ここでは冷凍保存の方法や、解凍後の美味しい食べ方などご紹介していきたいと思います。

ベースブレッドの冷凍保存の方法と注意点

ベースブレッドが食べきれない時は、冷凍保存することで味があまり落ちずに保存ができます

ここでは、ベースブレッドの味を出来るだけ落とさないような冷凍保存の方法についてご紹介していきます。

開封をしていない場合のおススメの冷凍保存の方法は、パッケージごと冷凍庫に入れるのがおすすめです!

パッケージごと入れておけば乾燥もせず、匂いも移らないので問題なく保存できるでしょう。

開封をすでにしてしまっている場合のおすすめの冷凍保存の方法です。

まず、ラップで空気が入らないようベースブレッドを密閉します。

次に包んだままジップロックに入れて冷凍保存してください。

そうすることで、ベースブレッドが乾燥することや、匂いが移るのも最小限に抑えられます。

ポイント

  • 未開封の場合は、パッケージごと冷凍庫へ!
  • 開封してしまった場合は、ラップで密閉しジップロックに入れ冷凍庫へ!

注意していただきたいのが、パッケージを開けてしまった際に、そのまま冷凍庫に入れて冷凍保存しないでください。

パッケージを一度開けると、乾燥が進んでしまい味や食感が落ちてしまうので、必ずラップで包みましょう。

注意

開封してしまったら、感想を防ぐために必ずラップで包む!

ベースブレッドを冷凍保存した後は、レンジやトースターで解凍して美味しく食べよう

冷凍保存したベースブレッドを食べる場合には、レンジやトースターでの解凍がおすすめです!

しかしこの時に注意点があります。

注意

解凍する際は、必ずベースブレッドにくっついている脱酵素剤は取り、ラップを外してから解凍しましょう。

なぜなら脱酵素剤がついたままレンジで温めると爆発する可能性があるからです。

その後、電子レンジで500W、1分を目安に解凍してください。

1分だとすこしベースブレッドが硬くなってしまったり、解凍しきれなかったりといった方もいるので、1分を目安にお好みで時間を変更してみてください。

また、電子レンジ以外でトースターでも解凍ができるので、その場合は少しづつ様子を見ながら解凍していってください。

解凍するとあったかい状態でベースブレッドを食べられるので、美味しく頂けそうですよね!

もし、解凍した後のベースブレッドのアレンジが気になった方は、この後にご紹介しているのでぜひ見てみてください。

ベースブレッドのアレンジをご紹介!)

【冷蔵保存はおススメしない】その理由は?

冷凍保存がおすすめなのに、なぜ冷蔵保存はダメなの?と疑問に感じますよね。

解凍するのがめんどくさいから冷やしとくだけでいいやと、冷蔵だけにしておくとダメな理由があるんです。

冷蔵保存ではダメな理由

冷蔵保存だとカビの発生を防ぐことはできるが、ベースブレッドに含まれるデンプンが劣化してしまい、パサパサになるから

そのため、美味しさが失われてしまうのであまりおススメはできません。

必ず保存する際は冷凍保存にしましょう!

賞味期限間近のベースブレッドを美味しく食べるには?

ベースブレッド-アレンジ

賞味期限が近づき、味や食感などが落ちてきた時でも、美味しく食べれたら嬉しいですよね。

そこでいくつか、ベースブレッドを実際にアレンジしている方々をご紹介したいと思います。

ベースブレッドのアレンジをご紹介!

皆さんおいしそうにアレンジしていますよね。

簡単なアレンジでもとてもおいしそうに作れるので、皆さんも試してみてはどうでしょうか?

これ以外でも調べるとたくさん出てくるので、おいしそうなアレンジを探してみてください!

まとめ|ベースブレッドは賞味期限が長いが早めに食べていこう!

まとめ-ベースブレッド-買ったら早めにたべよう

結論として、ベースブレッドは賞味期限が一般的なパンよりも長く、約1ヶ月持ちます。

また少し期限が切れた場合でも、保存方法が良く、異常がない限りは食べられるでしょう。

それでも、やはり買ってから早めに食べることで、味や食感も一番いい状態で召し上がれます。

そのため、早めに消費していくことをおススメします!

もし味に飽きたり食べきれないと感じた場合は、調べると今回ご紹介した以外でも多くのベースブレッドのアレンジが見つかります。

試してみたいアレンジを探して、ぜひ参考にしてみてはいかがですか?

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ベースフードのおすすめポイント

ベースフード おすすめ

  • 26種ものビタミンがはいっているから栄養満点!
  • タンパク質・食物繊維も豊富でダイエットに最適!
  • 1袋当たり156円から購入可能!
  • 継続コースで20%オフ!
初回20%オフ!!

ベースフードの公式サイトはこちら!

-ベースフード