ベースブレッド_体に悪い

ベースフード

ベースブレッドが体に悪い?原材料や添加物、糖質などの栄養素を徹底検証!

「ベースブレッドは体に悪いの?」

「ベースブレッドには添加物がいっぱい?」

ベースブレッドは」ネット通販やコンビニなどで、人間に必要な栄養素を手軽に摂ることができるということで大きな話題となっています。

そんなベースブレッドですが、ネットで調べてみると「体に悪い」という噂が流れており、心配になっている方も多いのではないのでしょうか?

そんな疑問にお応えするために、この記事ではベースブレッドが体に悪いという噂が嘘か本当か徹底調査しました。

この記事を読むことで、ベースブレッドが体に悪いと言われている理由や、本当の情報を知ることができますよ。

ベースブレッドは体に悪いのかについて……

  • ベースブレッドが体に悪いというのは嘘!
  • 「便秘が解消した」「肌荒れが治った」などの口コミも多数!
  • ベースブレッドの原材料は、自然由来の栄養が豊富で体に優しい!
  • ベースブレッドの添加物は、限界まで抑えてあるため安心して食べられる

ベースフードのおすすめポイント

ベースフード おすすめ

  • 26種ものビタミンがはいっているから栄養満点!
  • タンパク質・食物繊維も豊富でダイエットに最適!
  • 1袋当たり156円から購入可能!
  • 継続コースで20%オフ!
初回20%オフ!!

ベースフードの公式サイトはこちら!

はるマケ
はるマケ
おすすめのベースブレッドの味については以下の記事を参考にしてください!

【嘘?本当?】ベースブレッドは体に悪いと噂される理由

ベースブレッド_体に悪い_ベースブレッドは体に悪いと噂される理由

ここではベースブレッドが体に悪いと噂されている理由について、嘘か本当かを検証します。

ベースブレッドの本当の姿を知ることができれば、安心して食べることができるでしょう。

ベースブレッドは糖質・脂質が高い

糖質・脂質が高いために、ベースブレッドは体に悪いと言われているようです。

結論から言うと、ベースブレッドは市販のパンに比べると、糖質・脂質共に限界まで抑えてあるといえます。

そのため、ベースブレッドは適切な量を食べることで、体に良い完全栄養食と言えるでしょう。

下記はベースブレッドの味の中でも特に糖質の高いメープル味と、ヤマザキパンの代表的なパンを比較しました。

商品名 カロリー 糖質 脂質
ベースブレッド(メープル味)
ベースブレッド_メープル
264カロリー 27.1g 8.2g
ミニスナックゴールド
ミニスナックゴールド
591カロリー 58.9g 32.2g

この表を見るだけでも、ベースブレッドはカロリー・糖質・脂質全て市販のパンに比べて抑えられているのがお分かりいただけるでしょう。

またベースブレッドの糖質が高いのは、栄養価の高い「小麦全粒粉」を使用していることも理由の1つです。

さらに脂質には「n-6系脂肪酸」という、体に良い脂質を使用しているため安心して食べることができます。

ベースブレッドのカロリーなどの栄養素についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

ベースブレッドの糖質・脂質に関する口コミは下記の通りです。

ベースブレッドは消化が悪い

消化が悪いことも、ベースブレッドが体に悪いと言われている理由の1つです。

ベースブレッドを始めてから、お腹が張ってしまうという症状が増える人もいます。

これは、ベースブレッドが理由というよりは、元々の体質が原因の可能性が高いでしょう。

牛乳などの乳製品を飲んだ後にお腹がゴロゴロとなってしまう体質の人は、乳糖を消化しにくいという特徴があります。

そのためベースブレッドを食べた後も、同じような現象になっている可能性が高いです。

乳糖を消化しにくい体質の人は、ベースブレッドを一気にたくさん食べるのではなく、最初は少量から食べることをおすすめします。

ベースブレッドの消化の悪さに関する口コミは、下記の通りです。

ベースブレッドで肌荒れした

ベースブレッドを食べた後に肌荒れしてしまったことで、体に悪いのではないかと感じている人がいるようです。

しかし、ベースブレッドを食べて肌荒れしたという人はむしろ少なく、肌のコンディションが整ったと感じている人の方が多くいるようです。

肌荒れの原因は、ホルモンバランスの変化や肌のバリア機能の低下によることがほとんどでしょう。

そこでベースブレッドを食べることで、お肌を綺麗にしてくれるビタミンなどの栄養素をバランス良く摂取でき、お肌のコンディションを整えることができます。

肌荒れ以外にも食生活の乱れがあり、下記のような体の不調が現れている人は、ベースブレッドで栄養補給することをおすすめします。

ベースブレッドをおすすめしたい体の不調の例

  • 肌荒れ
  • 寝不足
  • ストレス
  • 冷え性
  • 便秘

ベースブレッドは手軽に人間が必要な栄養素をバランス良く摂取できるので、肌荒れや便秘などの体の不調を簡単に改善できるでしょう。

ベースブレッドの肌荒れに関する口コミは、下記の通りです。

ベースブレッドは腹持ちが悪い

腹持ちの悪さから、ベースブレッドが体に悪いという噂が出ているようです。

結論から言うと、腹持ちの感じ方は人それぞれですが、ベースブレッドは比較的腹持ちの良いパンといえます。

ベースブレッドを食べて腹持ちが悪いと感じている人は、1回の食事でベースブレッド1袋しか食べていない可能性があります。

ベースフード公式サイトによると、1食の目安はベースブレッド2袋です。

そのためベースブレッド1袋だけの場合、いつもたくさん食べている人からすると少し物足りなく感じる人もいることでしょう。

ベースブレッドは1回の食事で2袋食べることで、腹持ちの良さを感じることができます。

また、2袋だと多いと感じてしまう方は、ベースブレッド1袋とスープやサラダ、ヨーグルトなどのサイドメニューを組み合わせることをおすすめします。

おすすめのベースブレッドの食べ合わせをご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

ベースブレッドの腹持ちの悪さに関する口コミは、下記の通りです。

ベースブレッドは添加物が多い?

完全栄養食と聞くと食品添加物がたくさん入っていると思い、ベースブレッドが体に悪いと思ってしまう人もいます。

しかし、ベースブレッドには必要最低限の添加物しか入っていません。

ベースブレッド_体に悪い_ベースブレッドの魅力をご紹介_添加物

出典:https://basefood.zendesk.com/hc/ja/articles/360029063151

実際に公式ページには以下のような紹介がありました。

BASE BREAD®は、毎日安心して食べていただきたいからこそ、合成保存料や合成着色料などの余計な添加物は加えておりません。栄養を補うために一部ビタミン類を加えておりますが、サプリとしても普及している一般的なビタミンであり、安心してお召しあがりいただけます。

出典:ベースフード公式サイト

これは、ベースブレッドを毎日食べてほしいという製造者の思いから実現しています。

保存料や着色料を使わず、食品添加物も抑えた上で、体に良い栄養素をたっぷりと摂取できることは、ベースブレッドの大きな魅力です。

例えば、ベースブレッドのプレーン味には食品添加物が「酒精、調味料(無機塩)」の2種類しか入っていません。

また、その他の栄養素もできる限り自然由来のものばかり使われているため、子供や妊婦も安心して食べることができます。

ベースブレッドの添加物に関する口コミは、下記の通りです。

ベースブレッドには足りない栄養素があるのでは?

ベースブレッドが体に悪いと言われる理由に、足りない栄養素があることです。

ベースブレッドを1食(2個)食べることで、1日に必要な栄養素の3分の1を摂ることができます。

しかし、下記の栄養素については、ベースブレッドのみで1日に必要な栄養素の量を満たすことができません。

ベースブレッドで不足する栄養素

  • カロリー
  • 糖質
  • ナトリウム

上記の栄養素はベースブレッドで満たすことはできませんが、コンビニなどに置いてある商品でもすぐに満たすことのできる栄養素ばかりです。

「ベースブレッド+何か」という形で、足りていない栄養素をうまく取り入れることをおすすめします。

ベースブレッドの足りない栄養素について紹介している記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

ベースブレッドの足りない栄養素に関する実際の口コミは、下記の通りです。

ベースブレッドでお腹が痛くなった

ベースブレッドを食べてお腹が痛くなったという理由から、ベースブレッドは体に悪いと感じてしまった人もいます。

ベースブレッドによって腸内環境が変化したことは、ベースブレッドに豊富に含まれる食物繊維が原因です。

食物繊維が多く含まれているさつまいもには、1本当たり平均して約2.3gの食物繊維があると言われています。

しかし、ベースブレッド1個には、約3.3gの食物繊維が含まれています。

この豊富な食物繊維が腸内環境を良くすることで、お腹が痛くなる原因になっているということです。

ベースブレッドでお腹を壊さないためには、最初は少しずつ食べ、お腹の調子を見ながら徐々に増やしていくことをおすすめします。

ベースブレッドでお腹が痛くなったという実際の口コミは、下記の通りです。

ベースブレッドにはエタノールが入っている

エタノールが含まれていることも、ベースブレッドが体に悪いと言われている理由の1つです。

エタノールと聞くと「アルコール」を思い浮かべる方も少なくないでしょう。

アルコールがたくさん含まれているのであれば、子供や妊婦の体には良くないのではないかと感じますよね。

しかしこのエタノールは、ベースブレッドの包装の中にある食品品質保持剤に含まれています。

その食品品質保持剤に含まれるエタノールが気化することで、ベースブレッドにも少なからずエタノールが混じることになります。

しかし、これは一般のお菓子の中に含まれている食品品質保持剤と同様に、体に害のあるものではありません

ベースブレッドそのものに含まれているわけではないので、安心してくださいね。

ベースブレッドのエタノールに関する口コミは、下記の通りです。

【安全性をチェック!】ベースブレッドの主な原材料と効果とは?

ベースブレッド_体に悪い_ベースブレッドの魅力をご紹介_原材料

出典:https://basefood.zendesk.com/hc/ja/articles/360029508471

ベースブレッドには、主に下記の原材料が豊富に含まれています。

主に含まれる原材料と共に、体への良い効果を表でまとめました。

主な原材料 栄養素 効果
小麦全粒粉 ビタミン・ミネラル・たんぱく質・食物繊維 小麦粉よりも低カロリー、低糖質、高たんぱく
小麦たんぱく たんぱく質 小麦を加工して植物性たんぱく質を増加
大豆粉 たんぱく質・食物繊維・カルシウム・大豆イソフラボン 高たんぱくなのに炭水化物は低め
もち米 炭水化物・ビタミン・アミロペクチン 腹持ちを良くし、食べ応えを良くする
還元水飴 炭水化物・糖質 ベースブレッドを美味しくし、体を動かすエネルギーになる

小麦全粒粉は、通常の小麦粉に比べて低カロリー・低糖質なのにも関わらず、体に良い栄養素を豊富に含んでいます。

ベースブレッドの主な原材料が体に良いものばかりでできていることが分かれば、これからも安心して食べ続けることができますよね。

【種類別】ベースブレッドにはどんな食品添加物が入ってるの?

ベースブレッド_体に悪い_ベースブレッドにはどんな食品添加物が入っているの

ベースブレッドには、必要最低限の添加物が含まれています。

下記は、ベースブレッドの味の種類別に、含有している添加物を表にまとめました。

ベースブレッドの種類 食品添加物
プレーン味 酒精、調味料(無機塩)
チョコレート味 酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、香料、増粘多糖類、pH調整剤
メープル味 酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、着色料(カラメル)、増粘多糖類、香料
シナモン味 酒精、調味料(無機塩)、増粘剤(加工でん粉)、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)
カレー味 膨張剤、酒精、調味料(無機塩等)、酸味料、着色料(カラメル、カロテノイド)、香辛料抽出物、香料

ベースブレッド全ての味に含まれている酒精はアルコールのことを指し、食品を殺菌するために重要な添加物です。

また、調味料(無機塩)は食塩の摂りすぎを防ぐ効果があり、一般的な食品でも幅広く使用されています。

チョコレート味やメープル味に含まれている「加工でん粉」は、じゃがいもやとうもろこしから作られた添加物です。

ベースブレッドに含まれるその他の添加物の特徴は、下記の通りです。

添加物 特徴
香料 食欲を増すための香り付け
pH調整剤 酸性・アルカリ性の調整。多くの市販のパンに使われている
着色料(カラメル) 食品の色付けのための天然着色料で、糖類を加熱して作成
乳化剤 水と油を混ざりやすくする
酸化防止剤(ビタミンE) 食品の酸化を抑えて、長持ちさせる
膨張剤 パンやケーキを膨らませる
酸味料・香辛料抽出物 カレーの美味しさを引き立たせる

ベースブレッドには、このような添加物が入っています。

少し添加物が多いように感じる方もいるかもしれませんが、ベースブレッドは添加物を最小限に抑えてあります。

次の章では、ベースブレッドがどれだけ添加物を抑えているのか、一般的な菓子パンとの食品添加物の差を比較していますのでご覧ください。

【どっちが体に悪い?】一般的な菓子パンとの食品添加物を徹底比較!

ここでは、ベースブレッドと一般的な菓子パンとの食品添加物を比較します。

今回は、山崎製パンのスナックスティックを例に比較しましょう。

パン 食品添加物
ベースブレッド(プレーン味)

ベースブレッド_プレーン

酒精、調味料(無機塩)
スナックスティック

スナックスティック

マーガリン、グリセリン、乳化剤、酢酸(Na)、膨張剤、イーストフード、香料、V.C、カロテノイド色素、(一部に乳成分、卵、小麦、大豆を含む)

ベースブレッドのプレーン味には2種類の食品添加物しか入っていません。

対して山崎製パンのスナックスティックには、8種類もの食品添加物が含まれています。

また、スナックスティックにはマーガリンが含まれていますが、このマーガリンも食品添加物以上に危険な栄養素です。

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸を多く摂取すると、心臓疾患になってしまうリスクが高まると言われています。

上記の表からも、ベースブレッドは食品添加物を限界まで抑えた安全で体に良い食べ物だということが、お分かりいただけるでしょう。

初回20%オフ!!

ベースフードの公式サイトはこちら!

ベースブレッドにはメリットが盛りだくさん!

ベースブレッド_体に悪い_ベースブレッドにはメリットが盛りだくさん

体に悪いと噂されているベースブレッドですが、たくさんのメリットが存在します。

ここでは、ベースブレッドのメリットをご紹介します。

味が豊富でアレンジもしやすい

味が豊富でアレンジしやすいことは、ベースブレッドの大きなメリットでしょう。

ベースブレッドは、前述した通り5種類の味が存在するので、毎日飽きずにおいしく栄養素を摂ることができます。

また、味に飽きてしまったとしても自分なりのアレンジを加えることで、さらに色々なベースブレッドの味を楽しむことができるでしょう。

完全栄養食ということで栄養だけを摂るだけでなく、さまざまな味をおいしく楽しむことができるのがベースブレッドの大きなメリットです。

毎日忙しい人でも簡単に栄養補給できる

仕事や家事などで毎日が忙しい人でも簡単に栄養補給ができることは、ベースブレッドの大きなメリットといえるでしょう。

通常の食品で栄養バランスを整えようとすると、多くの食材が必要になりますし、調理にかかる時間や手間が必要になります。

しかし、ベースブレッドであれば、袋から取り出してそのまますぐ食べることができるので時短につながります。

忙しい人でも手軽に栄養を摂取し、健康な体を手に入れることができるのは大きなメリットです。

コンビニでも通販でも手に入る

ベースブレッドを楽しみたい時に、近くのコンビニでもネット通販でも、どちらでもすぐに購入できることもベースブレッドの大きなメリットです。

現在ベースブレッドを購入する方法は以下の通りです。

  • ベースフード公式サイト
  • Amazon、楽天などの通販サイト
  • コンビニ
  • ドラックストア

ベースブレッドは、ファミリーマートを中心に一部コンビニで購入できます。

また最近では、サンドラッグなどのドラックストアでも購入することができるようになりました!

ベースブレッドを購入できるコンビニや店舗について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

また、ベースブレッドを少しでもお得に楽しみたい方は、ベースフード公式サイトでの継続コースをおすすめします。

ベースフード公式サイトの継続コースであれば、初回20%割引で購入できるので、お得にベースブレッドを楽しむことができるでしょう。

また公式サイトなら、定期的にお得なクーポンを配布しているのでさらにお得に購入することができますよ♪

最新のベースフードのクーポン情報を配信しておりますので、ぜひ参考にしてください。

気になるベースブレッドの口コミは?

ベースブレッドの口コミ

ベースブレッドには、どんな口コミがあるのでしょうか。

ベースブレッドの良い口コミ・悪い口コミは、下記の通りです。

ベースブレッドの良い口コミ

  • 腹持ちがいいので、間食が減った!
  • 忙しい毎日でも手軽に食べられる!
  • 完全栄養食なのに値段がお手頃!

ベースブレッドの悪い口コミ

  • 継続コースの解約方法が難しい
  • 味に飽きてしまった

上記以外にも、さまざまな口コミがあります。

ベースブレッドの口コミについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

【ステマなの?】ベースフードが怪しいと言われる理由について

ベースブレッド_体に悪い_ベースフードが怪しいと言われる理由について

ベースフードの宣伝・広告をSMS等で見かけることがよくあります。

このベースフードが公式に出している広告を、ステマと思っている人も少なくないようです。

実際のベースフード公式Twitterは、下記のような投稿をしています。

初めてこの広告を見る人にとっては、ステマと思ってしまう人も少なくないでしょう。

しかし、この独特な広告は、ユーザーに興味を持ってもらうためのベースフードの広告戦略です。

ベースフードが怪しい・胡散臭い理由についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

ベースブレッドに関してよくある質問

ベースブレッド_体に悪い_ベースブレッドに関してよくある質問

ここでは、ベースブレッドに関するよくある質問をご紹介します。

ベースブレッドって1日何個まで?

ベースブレッドには、1日何個までという決まりはありませんが、1食で2袋食べることをおすすめします。

摂取上限は設けておりませんが、ご自身の摂取可能カロリーや運動レベルによってご調整いただきますようお願いいたします。また、1度に1食分全てをお召し上がりいただく必要はなく、1日のお食事の中で自由に調整していただければと思います。

引用:https://basefood.zendesk.com/hc/ja/articles/900005563286

ベースブレッドを1食2袋食べることで、1日に必要な栄養素の3分の1を摂ることが可能です。

逆に1食に2袋以上食べてしまうと栄養過多になってしまうため、バランスを考えながら食べることをおすすめします。

初回20%オフ!!

ベースフードの公式サイトはこちら!

ベースブレッドだけで生活できる?

ベースブレッドだけで生活することはおすすめできません。

実際に僕もベースブレッドだけで生活してみましたが、さまざまなデメリットを感じました。

  • 自炊よりも食費はかかった
  • ベースブレッドに飽きそうになった
  • 友人との食事に行けなかった
  • ベースブレッドだけでは足りない栄養素がある

ベースブレッドだけを食べて栄養を摂ればいいというよりは、通常の朝昼晩の3食の中の1食をベースブレッドに置き換えることをおすすめします。

ベースブレッドを日常に適度に取り入れて、健康な体を維持しましょう。

ベースブレッドだけで生活した時の状況を紹介した記事がありますのでぜひ参考にしてください。

ベースブレッドで痩せられる?

ベースブレッドは、過度に食べなければ痩せることができます。

実際に僕も、1ヶ月間ベースブレッドを食べて、-2.5kgものダイエットに成功しました!

ベースブレッドの置き換えダイエットについて詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ベースブレッドのダイエット効果に関しては個人差があります。

【体に悪いは嘘!】ベースフードで手軽に安全に栄養をバランス良く摂取しよう!

ベースブレッド_体に悪い_ベースフードで手軽に安全に栄養をバランス良く摂取しよう

この記事では、ベースブレッドが体に悪いという噂が嘘か本当か徹底調査しました。

ベースブレッドには、下記のような体に悪いという噂が流れています。

しかし、ベースブレッドを適切に食べていれば、上記のような症状を防ぐことができます。

ベースブレッドが、体に悪いというのは全くの嘘です。

ベースブレッドには、体に良い自然由来の栄養素が詰め込まれており、カロリーや糖質・脂質は抑えてあります。

ベースブレッドを適切に食事に取り入れることで、健康的な食生活を手軽に実現しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ベースフードのおすすめポイント

ベースフード おすすめ

  • 26種ものビタミンがはいっているから栄養満点!
  • タンパク質・食物繊維も豊富でダイエットに最適!
  • 1袋当たり156円から購入可能!
  • 継続コースで20%オフ!
初回20%オフ!!

ベースフードの公式サイトはこちら!

-ベースフード
-